« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(10日目) | Main | 映画『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』公開とトークショーのお知らせ »

September 05, 2018

ケビン・ジョハンセンと仲間たち(2)

予告から1年以上間が開いてしまったが、「ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている(ごくたまにであっても)生涯のお気に入りアルバムを10枚。毎日ひとつずつジャケを投稿する」シリーズの最終日でめでたくケビン・ジョハンセン+ザ・ナダの『City Zen』に到達したので、このタイミングを逃してはと、「ケビン・ジョハンセンと仲間たち」のシリーズを再開することにした。

友達同士だったケビン・ジョハンセン(ヴォーカル、ギター)とフリアン・ベンハミン(ヴォーカル、キーボード。先日紹介したハビエル・カラマーロとも同級生だったという)は一緒に曲を書くようになり、ロベルト(ドラムス?)とダニエル(ベース)のクラウセ兄弟とインストゥルクシオン・シビカ(当初はサラトゥストラ――ツァラトゥストラのスペイン語読み――という名前だったという記述もあり)を結成する。2曲を録音したところでクラウセ兄弟が抜けてしまったが、スタジオが予約済みだったため、ベンハミンがドラムスのフェルナンド・サマレアを呼び寄せ、録音を続行する。この時はグスタボ・ドネースがベースを担当した。その後CBSと契約を果した時点で、ベースのダニエル・クラウセが復帰。そして85年6月から10月にかけてアルバム『Obediencia Debida』(訳すと「しかるべき服従」)(CBS 120.756)を録音し、翌86年にリリースする。

Instruccioncivica1a

Instruccioncivica1b

収録された9曲は2人の合作がメインで、2人で詞を書き、ジョハンセンが曲を書くというパターンが多かった。ジョハンセンの単独曲が1曲あるが、ベンハミンの単独曲はなし。ヴォーカルも2人で分け合っている。タイトル曲のみ、曲はジョハンセンとクラウセの合作となっている。サマレアはドラムス(シモンズ?)とローランドのリズム・マシーンTR-707のプログラミングを担当。サマレアはこのバンドの後、チャーリー・ガルシーアのバンドのドラマーを長く務め、バンドネオン奏者としてもユニークな活動を続けることになる。もう一人、クラリネットのアレハンドロ・テランも正式メンバーに加わっている。また、ゲストとしてセバスティアン・ションがアルト・サックスで、アクセル・クリヒエールがフルートで参加している。この2人とも、00年代以降もジョハンセンと関わることになる。
音はいかにもニュー・ウェイヴ以降といったシンプルでポップなロックで、00年以降のジョハンセンにみられるような多面性を兼ね備えたものではない。このアルバムはアルゼンチン以外の中南米諸国でも注目され、とりわけペルーではゴールド・ディスクに輝いた。(続く)

|

« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(10日目) | Main | 映画『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』公開とトークショーのお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35335/67132259

Listed below are links to weblogs that reference ケビン・ジョハンセンと仲間たち(2):

« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(10日目) | Main | 映画『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』公開とトークショーのお知らせ »