« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(6日目) | Main | ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(8日目) »

August 31, 2018

ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(7日目)

過去6日間に続き、10日前のFacebookへの投稿を転載する。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている(ごくたまにであっても)生涯のお気に入りアルバムを10枚。毎日ひとつずつジャケを投稿する。7日目/10日

Halfandhalfb

Frankie Valli & The 4 Seasons / Half & Half (Philips PHS 600-341)

80年代から90年代の頃には、ザ・ビーチ・ボーイズやザ・キンクスなど、60年代に登場したバンドを改めて聴き直すことも多かったが、当時は視界に入ってこなかったのがフォー・シーズンズだ。そもそも、アルバム『ペット・サウンズ』の再評価、ブライアン・ウィルスンの復活とその後の安定したソロ活動などにより、新たなステイタスを獲得したビーチ・ボーイズと比べて、フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズはロック・ジャーナリズムの世界でも長年無視され続けてきた(大瀧詠一×山下達郎対談を含む「レコード・コレクターズ」92年3 〜4月号の特集など数少ない例外はあったにせよ)。
そんなフォー・シーズンズの音楽がようやく見直されるきっかけとなったのが、彼らを題材として2005年にブロードウェイで開幕したミュージカル『ジャージー・ボーイズ』がロングランとなったこと。ただしこれはアメリカ合衆国本国での話で、ミュージカルを観ることの叶わない日本にはなかなか波及しなかった。それでも2007年には彼らの歩みをまとめたCD3枚+DVDのセット『... Jersey Beat... The Music Of Frankie Valli & The 4 Seasons』も出て、私はこれを聴いてようやく彼らの奥深い魅力に気付かされた。しかも、本国でも彼らの人気が低迷していた60年代終盤から70年代前半の時期にも充実した作品群を残していたことには、心底驚かされた。それからは、彼らが残した全作品や関連作を集め、ブログでも2012年3月から彼らについて継続的に紹介し始めた。そうこうする内に、夢かと思われた彼らの初来日公演も2014年1月に実現し、同年には『ジャージー・ボーイズ』がクリント・イーストウッド監督により映画化されて話題となり(日本公開は9月)、ミュージカルも2015年6〜7月に来日。それに合わせて拙著『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』をスペースシャワー・ブックスから上梓することも出来た。
信じられないようなことが続いたが、結局のところ、『ジャージー・ボーイズ』という作品が人気を得ただけであって、残念ながらその音楽を作り出したフォー・シーズンズの再評価には結び付かなかった。私ごときの力でどうなるものでもないとは言え、口惜しい限りである。
とりわけ私が光を当てたかったのは、ベーシストがジョー・ロングの時代の諸作、アルバムでいうと67年の『New Gold Hits』から、69年のコンセプト・アルバム『The Genuine Imitation Life Gazette』、今回紹介する『Half & Half』、MoWestからの唯一のアルバムとなった72年の『Chameleon』までの4枚が該当する。
70年4月にPhilipsからの最終作としてFrankie Valli & The 4 Seasons名義でリリースされた『Half & Half』には、ローラ・ニーロの「Emmie」をタイトルを変えてカヴァーした「Emily」から、バート・バカラック作「Any Day Now」とエドウィン・ホーキンズが有名にした「Oh Happy Day」のメドレーまで、フランキー・ヴァリのソロ曲とフォー・シーズンズとしての曲が5曲ずつ収められている。メンバーのボブ・ゴーディオ、長年彼らのアレンジを手掛けてきたチャールズ・カレロのほか、デニー・ランデル、ハッチ・デイヴィ、ジョー・スコットという豪華編曲陣によるふくよかでコクのあるサウンドに載せて、フランキーたちは充実した歌唱を聴かせてくれる。私にとってはこれが彼らのベスト。「Sherry」も「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」も「Who Loves You(愛はまぼろし)」ももちろん素晴らしいが、それだけではない彼らの魅力に、もっと多くの人々が気付いて欲しい。

|

« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(6日目) | Main | ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(8日目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35335/67117166

Listed below are links to weblogs that reference ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(7日目):

« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(6日目) | Main | ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(8日目) »