« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(1日目) | Main | ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(3日目) »

August 26, 2018

ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(2日目)

昨日に続き、10日前のFacebookへの投稿を転載する。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている(ごくたまにであっても)生涯のお気に入りアルバムを10枚。毎日ひとつずつジャケを投稿する。2日目/10日

Alibisb

Carole Laure / Alibis (RCA / Saravah RSL 1072)

(続き)
ボブ・ディランやザ・バンド、スティーリー・ダンやリトル・フィートなどからアメリカン・ロックに深入りしていった高校生の私は、他の音楽をあまり聴かなくなっていた。洋楽を聴き始めた頃は、ラジオから流れる様々なタイプのポップスに分け隔てなく接していたはずなのに。
歌謡曲も実はバカにしていたのだが、浪人中の77年9月、たまたまテレビで観た太田裕美の「九月の雨」にやられた。それからはピンク・レディ、山口百恵、沢田研二の三つ巴のチャート争いが面白くなった。そして78年、神奈川大学へ入学。ロック研究会というサークルに入ったら、アメリカン・ロック派はごく少数で、ハード・ロックやプログレからパンク/ニュー・ウェイヴに流れていた連中が多かった。そこでいろいろ聴かせてもらったことが大きい。マガジン、バズコックス、XTC、エルヴィス・コステロ、テレヴィジョン、トーキング・ヘッズ、スージー&ザ・バンシーズなどなど。日本のロックも面白かった。近田春夫&ハルヲフォン『電撃的東京』、パンタ&HAL『マラッカ」、遠藤賢司『東京ワッショイ』など。大講堂で観たRCサクセション、リザード、フリクション。ピアノが弾けるというのでバンドにも誘われていた私は、やがて自分でもバンドを始めた。
シャンソンが好きな友だちもいて、バルバラやジョルジュ・ブラッサンスも教えてもらった。そんな流れからブリジット・フォンテーヌやピエール・バルーら、サラヴァのアーティストにも注目するようになった、というような流れだったと思う。
カナダはケベック出身の特異なシンガー・ソングライター、ルイス・フューリーのA&Mからの75年のファースト・アルバムが、79年にアルファのA&M Rock Special Collectionの1枚として出て、これはすぐに買った。そしてルイスの愛人といわれていた(実際に結婚)、同郷の女優で歌手のキャロル・ロール(実際の発音は「ロー」に近い)がサラヴァから78年に出していたアルバム『Alibis(アリバイ)』のことは、リザードのカメラマンをやっていたMくんに教えてもらったのと、ニューミュージック・マガジン81年5月号輸入盤紹介の鈴木慶一氏によるレビューを読んだのと、どっちが先だったか。ともかく私は81年9月6日にこのアルバムを購入している。
ピアノやバンジョー、ストリングスなどが効果的に配置されたジョン・リーサゥアの見事なアレンジに乗せて(フランスっぽいが彼はアメリカ人で、多分ニューヨークの人)、キャロルは魅力的なアルトの歌声を聴かせてくれる。この耽美的な美しい世界にはどっぷりはまることとなり、未だに逃れられない。そして、ルイスのソロもそうだが、タンゴにアプローチしている曲があることが、私にとっては大変重要だ。後にピアソラに向かう素地は、彼らの作品を通して育まれたともいえるからだ。
82年のポルト・サン=マルタン劇場でのルイスとのライヴ盤も素晴らしいが、85年のルイス名義のサントラ『Night Magic』(作詞はレナード・コーエン)を最後に、この独特の雰囲気は消え失せてしまう。89年の『Western Shadows』以降のアルバムは、ルイスのプロデュースであるにも関わらず、悪くはないが平凡だ。結局のところ、レナード・コーエンなども手掛けるリーサゥアのアレンジによるところも、実は大きかったのではないか。
全編フランス語で歌われている『Alibis』だが、ドイツ盤は11曲中7曲が英語ヴァージョンだったことを今年になって知り、手に入れることができた。大学時代のバンド仲間のIくんのおかげである。

|

« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(1日目) | Main | ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(3日目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35335/67099691

Listed below are links to weblogs that reference ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(2日目):

« ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(1日目) | Main | ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている生涯のお気に入りアルバムを10枚(3日目) »