« June 2015 | Main | August 2017 »

August 18, 2015

フォー・シーズンズの初期5タイトル、ついに国内再発!

ワーナーミュージック、ユニバーサル ミュージック、ソニー・ミュージックの3社合同によるロックン・ロール誕生60周年記念「レット・イット・ロック!シリーズ」は、全111タイトルというものすごい規模でのリリースとなったが、ワーナーからはこの一環として、ついにザ・フォー・シーズンズの初期5タイトルが8月26日に登場する。

2013年9月に予定されたフランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズの初来日(2014年1月に延期)に先駆ける形で、フランキー・ヴァリのソロ5タイトルやフォー・シーズンズのベストなどがリリースされ、映画『ジャージー・ボーイズ』の日本公開(2014年9月27日)、ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の初来日公演(2015年6月25日~7月5日)へと続く流れの中で、関連作品のリリースも続いたが、肝心のフォー・シーズンズのオリジナル・アルバムはこれまでお預けの形だった。それが、ようやく出るのだから、感無量である。出るのは次の5枚。

『シェリー』 (WPCR-16675)

『恋はヤセがまん』 (WPCR-16676)

『エイント・ザット・ア・シェイム』 (WPCR-16677)

『悲しき朝やけ』 (WPCR-16678)

『悲しきラグ・ドール』 (WPCR-16679)

しかも今回は、5タイトルともライナーノーツを書かせていただいた。各1,200円(税抜き)という廉価ゆえ、解説の文字数も限られているが、5分割した「フォー・シーズンズ前史」も盛り込みつつ、ギュッと凝縮した内容にしてみた。もちろん、詳しく知りたい方は拙著『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』をお読みください、という宣伝を入れるのも忘れてはいない。

解説を依頼されたついでに、内容にもちょっとしたこだわりを反映させてもらった。『悲しきラグ・ドール』を除く4タイトルは、90年代前半にCurb原盤によるBMGビクター盤が出ていたし、昨年6月にRhinoからリリースされた18枚組『THE CLASSIC ALBUMS BOX』にも全種含まれていたが、そこでは一部トラックの差し替えが行われていた。それを元に戻したのである。

『エイント・ザット・ア・シェイム』のタイトル曲「エイント・ザット・ア・シェイム」は、ニック・マーシの低音ヴォーカルなどの欠けたオルタネイト・ステレオ・ヴァージョンからオリジナル通りのモノラル・ヴァージョンへ。

そして『悲しきラグ・ドール』のこれもタイトル曲「悲しきラグ・ドール」は、エコーの深いステレオ・ヴァージョンからやはりオリジナル通りのすっきりしたモノラル・ヴァージョンへ、である。

そして、出来上がったサンプル盤が、本日到着した。

4seasons5a

『悲しき朝やけ』のみ、ジャケットの色味が濃くなってしまったのがちょっと残念だが、あとは再現度もいい感じ。

4seasons5b

こちらは帯の背の部分と、一緒に送られてきた小冊子。

今回のリリースは、ロックン・ロール創世記の魅力を幅広く紹介する企画なので、フォー・シーズンズも初期の5タイトルに絞られたわけだが、何とかセールスを伸ばしてもらって、『ニュー・ゴールド・ヒッツ』など個人的に思い入れの強い60年代後半の知られざる傑作群のリリースまで繋げていきたいところだ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | August 2017 »