« 『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』正誤表 | Main | 『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』に頂戴したお言葉の数々 »

June 03, 2015

フォー・シーズンズ本発売記念&ジャージー・ボーイズ来日記念トーク・イヴェント

既にFacebookでは告知済みですが、こちらでも告知しておかなければいけませんね。表題のイヴェントのご案内です。

日時:2015年6月11日(木) Open:18:30 / Start:19:30

場所:武蔵小山 Live Cafe AGAIN

出演:斎藤充正、高田和子、高瀬康一(予定)
入場料:1,500円

昨年9月27日に日本でも公開されて大きな話題を呼んだクリント・イーストウッド監督の映画『ジャージー・ボーイズ』で取り上げられ、一躍脚光を浴びたアメリカン・ポップスの名門グループ、フォー・シーズンズ。彼らの歩みを詳細に綴った初の単行本『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』の発売(5月29日スペースシャワーブックス刊)と、映画の原作となったブロードウェイ・ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の待望の初来日(渋谷・東急シアター・オーブにて6月25日~7月5日公演)を記念してのトーク・イヴェント。

出演は、同書の著者である斎藤充正、日本有数の『ジャージー・ボーイズ』通である高田和子、今回同書のブックカヴァーを手掛けたデザイナーで、かつて水上徹氏とのコンビでAGAINでのトーク・イヴェント「Good Old Boys」を定期的に開催していた高瀬康一の3名。

前半では、本の内容に沿って、登場したさまざまな音源などを紹介します。読者のみなさまからの「これが聴いてみたい」というリクエストにも答えていきます(事前リクエストはFacebookのほか、Twitterブログ、メールでも受け付けますので、斎藤宛にお気軽にお寄せください)。

後半はミュージカルの予習編で、「サントラCDには入っていない『音の楽しみ』!」 「シェリー・ベイビー危うし!」というテーマで話を進めていきます。

会場では本の即売もあります。

AGAINのホームページはこちら

数多くのみなさまの参加をお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

Photo


|

« 『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』正誤表 | Main | 『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』に頂戴したお言葉の数々 »

Comments

鳩サブローさん、こんばんは。
今晩のトークイベント楽しませていただきました。
ご挨拶もでき、参加できて良かったです。
どうもありがとうございました。

Posted by: JD | June 11, 2015 at 11:35 PM

JDさん、コメントありがとうございます。
昨晩はご来場ありがとうございました。
お会いできて嬉しかったです。
楽しんでいただけたようで、何よりです。

Posted by: さいとう(鳩サブロー) | June 12, 2015 at 10:19 PM

鳩サブロー様
コメントが遅れてしまいましたが、木曜日のイベント、少し遅刻してしまいましたが、なんとか聞くことができてよかったです。懐かしい曲やら貴重なお話、ありがとうございます。
初めてフランキーバリのレコードを買ってからもう40年近くになりますが、なかなか情報が得られず、これから本を読ませていただくのが楽しみです。

Posted by: アリス(オースティン) | June 13, 2015 at 10:29 PM

アリスさん、こんばんは。

ご来場&コメントありがとうございます。
ご挨拶できて嬉しく思います。
本もじっくりとお読みいただければと思います。
よろしくお願いします。

Posted by: さいとう(鳩サブロー) | June 14, 2015 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35335/61686545

Listed below are links to weblogs that reference フォー・シーズンズ本発売記念&ジャージー・ボーイズ来日記念トーク・イヴェント:

« 『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』正誤表 | Main | 『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』に頂戴したお言葉の数々 »