« April 2015 | Main | June 2015 »

May 29, 2015

『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』正誤表

拙著『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』は、スペースシャワーブックスより5月29日、無事に発売となりました。

校了まで、何度も何度もチェックをしたのですが、残念ながら完成後にいくつかの誤りが見つかりましたので、謹んでここに訂正させて頂きます。当面の間、トップに表示した上で、以後も随時更新予定。更新されないに越したことはないのですが。

このほか、何かお気付きの方は、お気軽にご連絡を頂けますよう、お願いします(この記事へのコメント、e-mail、TwitterやFacebook経由のいずれでもかまいません)。

正誤表: (最終更新:8月30日22時06分)

54ページ6行目
(誤)(クライド)マクフィター
(正)マクファター

91ページ10行目(8月16日追記)
(誤)歩いているの見た
(正)歩いているのを見た

142ページ7~8行目(6月20日追記)
(誤)〈シェリー〉〈あの日の涙〉に関しては
(正)〈シェリー〉に関しては

169ページ4行目、6~7行目、終わりから2行目(6月8日追記)
(誤)レスリー・キャロン
(正)レズリー・キャロン

176ページ2行目(6月9日追記)
(誤)〈ドント・ピック・オン・マイ・ベイビー〉
(正)〈ドント・ピック・アップ・マイ・ベイビー〉

203ページ1行目(7月2日追記)
(誤)スパーリングの自作曲
(正)ゴスティングの自作曲

208ページ最終行の後に次の2文を追加(6月30日追記)
 〈ドント・レット・ゴー〉は六七ページでも紹介した通り、一九五七年一〇月に録音されたザ・フォー・ラヴァーズのシングル〈パッカー・アップ〉でアレンジを手掛けたジェシー・ストーンがそれと同時期に書き、黒人歌手ロイ・ハミルトンがヒットさせた曲のカヴァー。大変珍しいことに、ニック・マーシがハミルトンに似せてリード・ヴォーカルを担当している。
 〈踊ろよ、ベイビー〔ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ダンス〕〉は、サンフランシスコ出身の黒人シンガー・ソングライター、ボビー・フリーマンの自作で、一九五八年に全米五位、R&Bチャートでは二位を記録した。これはピアノ基調のロックンロールだったが、一九六二年にクリフ・リチャード&ザ・シャドウズがギター中心のアレンジにして全英二位とした。フォー・シーズンズはメロディを少し変え、ホーンも入れてカヴァーしている。ザ・ビーチ・ボーイズの一九六五年のヴァージョン(全米一二位)も完成度が高いが、メロディはフォー・シーズンズ版をベースにしている。

250ページ終りから5行目(6月1日追記)
(誤)そして六月二二日に発売
(正)そして六月二八日に発売

278ページ終りから3行目(7月24日追記)
(誤)マイ・ワールド・ビューティフル・バード
(正)マイ・ワイルド・ビューティフル・バード

348ページ終りから3行目(6月1日追記)
(誤)《グッド・タイムス》
(正)《グッド・タイムズ》

357ページ終りから2行目(8月30日追記)
(誤)付属している確立
(正)付属している確率

388ページ終りから6行目(6月12日追記)
(誤)ニック・マッシ
(正)ニック・マーシ

417ページ4行目(6月8日追記)
(誤)後にも先にも唯一の経験となった
(正)数少ない経験のひとつとなった

422ページ1行目(8月30日追記)
(誤)『トイ・ストーリーズ』
(正)『トイ・ストーリー』

429ページ5~6行目(8月30日追記)
(誤)マヘリア・ジャンスンに
(正)マヘリア・ジャクスンに

446ページ9行目
(誤)ハイ・ホー・シルヴァー・リニング
(正)ハイ・ホー・シルヴァー・ライニング

459ページ左 "RARITIES, VOLUME 2" 14曲目(8月16日追記)
(誤)A NEW MORNING
(正)A NEW BEGINNING

506ページ3~6行目(8月4日追記)
(誤)波の音のSEから始まり、スケール感のある作品に仕上がっている。実はこの曲にはヴァージョンが二つあり、女性コーラスがハーモニーを付けているのが、ここでシングルになったフランキーのソロ。メンバーがハーモニーを付けたフォー・シーズンズ版も作られたが当時は未発表に終わっている。
(正)スケール感のある作品に仕上がっている。実はこの曲にはヴァージョンが二つあり、女性コーラスがハーモニーを付けているのが、ここでシングルになったフランキーのソロ。波の音のSEから始まり、メンバーがハーモニーを付けたフォー・シーズンズ版も作られたが、当時はイタリア盤にのみ収録された。

520ページ3行目(8月4日追記)
(誤)コーラス・ハーモニー入りの未発表別ヴァージョン
(正)コーラス・ハーモニー入りのレアな別ヴァージョン

610ページ8行目(7月18日追記)
(誤)ドゥ・ワップを歌っていたベトナム戦争から
(正)ドゥ・ワップを歌っていた。ベトナム戦争から

616ページ8行目(8月30日追記)
(誤)涙の分かれ道
(正)涙の別れ道

618ページ2行目(6月1日追記)
(誤)私は二度
(正)筆者は二度

632ページ最終行
(誤)クラレンス・クレモンス
(正)クラレンス・クレモンズ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2015

『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』発売間近

ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の東京公演初日まで、ちょうどあと1か月。そして、拙著『フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのすべて』の発売まであと4日となった。発売日は5月29日です。

アマゾンのページはこちら
エルパカBOOKS(HMV)のページはこちら
タワーレコードのページはこちら

hontoネットストアのページはこちらですが、「現在お取扱いができません」となっているので、発売日以降でないとオーダーできない模様。(5/27追記:「買い物カゴに入れる」にアイコン表示が変わりました)

19日には無事に見本刷りができあがり、速攻で受け取りに行った。

1

見ての通り、これは帯を付けた状態。

2

帯を外すと、もっとカッコいい。

3

裏側にはミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の告知が。ミュージカルの会場でもしっかりと売らせていただくので、そのためのタイアップ。

4

そう、この厚さ。中身がぎっしり詰まっている感じが伝わるかな。

5

平積みされていない本屋さん(がほとんどだろうけど)では、この背中で探してほしい。

献本差し上げた湯川れい子さんは、早速次のようにツイートして下さった(正しくは800ページではなく680ページ)。

Photo

2_2

本のPRもあって、これを機会にFacebookも始めた。FB始めてみてビックリ、ポップス関係、タンゴ関係の同業者、知人、ミュージシャンはもとより、10周年前に盛り上がっていたオーディオ仲間、30数年前のバンド時代の仲間や大学時代の友人など、ご無沙汰していたみんなとも次々に繋がっていったのだ。「相手の顔が見える」というのは大事だなと思うし、ブログを書くほどではないがツイートでは収まらない、という場合にも気軽に投稿できるのがいい。そんなFBでは、少しお手伝いいただいたサエキけんぞうさんも、さっそく拙著を紹介してくださって、「いいね!」が200人近く付いた。

FBにはもちろん本名の「斎藤 充正」で参加しているので、友達リクエスト、フォローは皆さんどうぞお気軽に。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »