« フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ、待望の初来日決定! | Main | フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(36) »

May 22, 2013

フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(35)

フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ初来日決定の興奮は、もちろん醒めるどころではない。9月までに何が出来るか考えながら、彼らを迎える準備をしなければと考えている。

来日が予定されるメンバーについては、こちらのページにプロフィール(英文)が載っているので、ご参考までに。

彼らのアルバム紹介も、遅々として進まない。彼らが取り上げた様々なタイプの曲のバックグラウンドを事細かに調べたりしているからだが、このだらだらしたスタイルは紹介中のオリジナル・セカンド・アルバム『BIG GIRLS DON'T CRY』でいったん打ち止めとし、以後のアルバムは簡潔に紹介して来日公演に間に合わせたい(うまくいくかどうかはまったく心許ないが)。

とりあえずは『BIG GIRLS DON'T CRY』B面の続き。

3. Since I Don't Have You (Beaumont - Vogel - Verscharen - Lester - Tayler - Rock - Martin)
ピッツバーグ出身の白人ドゥーワップ・グループ、ザ・スカイライナーズの代表曲で、1958年から1959年にかけて大ヒットし、ビルボード・ホット100の12位を記録している。リード・ヴォーカルのジミー・ボーマントと他のメンバーたち、すなわちウォーリー・レスター、ジャック・テイラー、ジョー・ヴァースチャレン、そして紅一点のジャネット・ヴォーゲルと、彼らのマネージャーでプロデューサーのジョー・ロック、そして発売元のローカル・レーベル、キャリコの設立者の一人で伴奏オーケストラを指揮したピアニスト、アレンジャーのレニー・マーティンの計7人の合作(キャリコからのオリジナル・シングルでは作者クレジットは"(J. Rock - The Skyliners)"となっている)。

この曲はカヴァー・ヴァージョンも多く、チャック・ジャクソン(1964)、マンフレッド・マン(1965)、ルー・クリスティ(1966、プロデュースはチャールズ・カレロ)、アート・ガーファンクル(1979)、ドン・マクリーン(1981)、ロニー・ミルサップ(1991)、ガンズ&ローゼズ(1994)、ブライアン・セッツァー・オーケストラ(1998)、ロン・セクスミス(2012)など多岐にわたっている。

4. My Suger (Bob Crewe - Bob Gaudio)
カヴァーが中心のアルバムの中では貴重な、ボブ・クルーとボブ・ゴーディオによるオリジナル。ファースト・アルバムの「Peanuts」同様、テープ速度を変えたとおぼしきヴァリのファルセット中心のコミカルな作りで、ヴィー・ジェイから1966年3月になってザ・ワンダー・フー名義でその「Peanuts」とのカップリングでシングル・カットされた(VJ 717)。

次の5曲目は、1953年のMGM映画『リリー』のメイン・テーマ「Hi-Lili, Hi-Lo」のカヴァーだが、この映画とその音楽については、次回詳しく紹介する。

(この項続く)

|

« フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ、待望の初来日決定! | Main | フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(36) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35335/57439486

Listed below are links to weblogs that reference フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(35):

« フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ、待望の初来日決定! | Main | フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(36) »