« フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(24) | Main | フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(26) »

October 16, 2012

フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(25)

ザ・フォー・シーズンズのデビュー・アルバム『SHERRY & 11 OTHERS』(Vee-Jay VJLP 1053)、引き続きB面前半の曲目を検証する。

1. Never On Sunday (Towne - Hadjidakis)

ギリシャを代表する作曲家のひとり、マノス・ハジダキスが作詞作曲した1960年の映画『日曜はダメよ (Never On Sunday / Ποτέ Την Κυριακή [Pote Tin Kyriaki])』の主題歌。同年度のアカデミー賞主題歌賞を受賞したが、これは英語圏以外の映画音楽では初の快挙だった。この主題歌のギリシャ語のオリジナル・タイトルは「Τα Παιδιά του Πειραιά (Ta Paidia Tou Piraia)」(ピレウスの子供たち)で、劇中でメリナ・メルクーリが歌った。これにビリー・タウンが映画と同名のタイトルで英語の歌詞を付け、ザ・コーデッツ(1961年にビルボード・シングル・チャートで第13位を記録)、ペトゥラ・クラーク、コニー・フランシスなどがカヴァーした。

これらはいずれも比較的原曲に忠実なのに対し、フォー・シーズンズは、サビの歌いだしの ♪Most an-y-day~ のところのメロディーが本来は(キーがCとして)ソ~ラ~シ~ド~~と上がっていくところを、ミ~レ~ミ~ド~~と下がって解決するように変えてしまった。そんなこんなで原曲の持つ地中海的ともいえるエキゾティックな雰囲気を完全に消してしまっているのが興味深い。

1965年1月になってから「Connie-O」とのカップリングでシングル・カットされたが(VJ 639)、チャート・インはしなかった。

2. I Can't Give You Anything But Love (Fields - McHugh)

フランキー・ヴァリの敬愛するローズ・マーフィー (Rose Murphy) (1913年オハイオ州ジーニア生まれ、1989年没)へのオマージュ。巧みにピアノを操りながらカマトト・ヴォイスで軽妙に歌うこの黒人女性は、歌詞の間に"chee chee"というフレーズを挟むので、ザ・チー・チー・ガールの愛称でも親しまれた。彼女の十八番で何度も録音しているこの「捧ぐるは愛のみ」は、ルイ・アームストロングをはじめ多くの歌手や楽団が取り上げているスタンダード・ナンバー。

1928年からブロードウェイでロングランすることになるショー『1928年のブラックバーズ(Blackbirds of 1928)』のための音楽を準備していた作詞家ドロシー・フィールズと作曲家ジミー・マクヒューは、ニューヨークの5番街にある宝石店「ティファニー」の前を通りかかった時、宝石を買うお金がない若い男性が一緒にいた彼女に「あげられるのは愛だけなんだ」と言うのを耳にして、これだとばかりに近くの楽器店のショールームに駆け込み、一気に曲を書き上げた、という逸話が残っている。ショーでは女性歌手アドレイド・ホールが歌った。どうでもいい話だが、彼女にはアート・テイタムらの伴奏で歌った「You Gave Me Everything But Love(ラヴだけはくれないのね)」という曲もある。

フォー・シーズンズ版は、トランペット・ソロの間奏があるものの、サウンドそのものはジャジーではない。やはりポイントはヴォーカルで、ダメ押し的な"chee chee"というコーラスが終始絡む中、テープの回転を変えることでピッチを上げ、ローズ・マーフィーになりきった感のあるヴァリの超ハイトーンが強烈な印象を残す。そしてこのテープ速度を変えるギミックは、後にザ・ワンダー・フー?名義での一連の録音でも使われることになる。

3. The Girl In My Dreams (Josea - Davis - Ling)

ジェシー・ベルヴィンとユージン・チャーチのドゥーワップ・デュオ、ザ・クリークス (The Cliques) が1956年5月5日にモダンからリリースしたデビュー曲で、5月19日付けビルボード・シングル・チャートに1週だけランク・イン(45位)した。フォー・ラヴァーズも1956年4月12日の初セッションで「You're The Apple Of My Eye」などと共に録音し、同シングルのB面としてリリースしている。

フォー・ラヴァーズ盤、後述のトピックス盤およびこのフォー・シーズンズ盤では(ジョー・)ジョシー(トピックス盤およびフォー・シーズンズ盤ではJosiaと表記)、(マックスウェル・)デイヴィス、(サム・)リング作とクレジットされているが、クリークス盤ではもう一人、(ジュールズ・)トーブも作者として名を連ねている。だが実は、名前が載っていようといまいと、スペルが間違っていようと、どうでもいい話なのである。

ペンネームではそれぞれ別姓を名乗っているジョー、サムことソール、ジュールズの3人はハンガリー系ユダヤ人バイハリ家の実の兄弟で、長兄レスターと共にロサンゼルスでモダン・レコーズ(上記クリークス盤のリリース元)を興した。彼らは実際には曲など書きもしないのに、B.B.キングやジョン・リー・フッカーといった黒人アーティストのレコードに自分たちの名前を載せ著作権登録し、印税を搾取してきたのである。だからこの曲も実際には、モダンで多くの録音を手掛けたバンドリーダーで作曲家のマックスウェル・デイヴィスの単独作と考えるのが自然だろう。

フォー・ラヴァーズがメンバーを入れ替えながらその名前での活動を終え、フォー・シーズンズを名乗るまでにさまざまな変名で活動を行っていた時期にも、ザ・トピックス (The Topics) 名義で録音し(UK鑑賞団体のセッショングラフィーによれば1961年初頭となっているが、本当だろうか?)、1962年5月になってペリから片面シングルとしてリリースされた(PERRI L 1007)。シド・バースの編曲指揮とクレジットされたこのシングルの現物を私は入手しておらず、デンマークのスパークルトーンから1995年に出たフランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ名義のプライベート編集盤『THE FANTASTIC FIRST YEARS』 (Sparkletone SP 99005)でしか聴いていないが、ピッチのわずかな違いを除けば、フォー・シーズンズのものとまるで同じにしか聞こえない。

フォー・ラヴァーズでは2拍3連のリズムをピアノのコードで刻んでいたが、フォー・シーズンズではピアノのアルペジオに乗せてエレキ・ギターのワウ・ペダルを駆使し、幻想的な雰囲気を演出している。

ジョン・レノンが書いたザ・ビートルズの「Yes It Is」は、このフォー・シーズンズ版のアレンジを参考にしているのではないか(特にエンディング)、というJDさんの指摘には頷けるものがある。

(この項続く)

|

« フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(24) | Main | フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(26) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35335/55906263

Listed below are links to weblogs that reference フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(25):

« フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(24) | Main | フランキー・ヴァリとザ・フォー・シーズンズ(26) »