« 続・ピアソラの新しい10枚組 | Main | ピアソラの新しい10枚組 その3 »

November 08, 2009

ピアソラのアメリカン・クラーヴェ3部作再発、新・音楽夜噺

12月19日(土)に、ピアソラをテーマにトーク・イヴェントに出演します。これは結構前に決まっていたことで、イヴェントのサイトでも当の昔に告知されていたんですが、書くのをすっかり忘れていました。

新・音楽夜噺 「アストル・ピアソラと女たち」
論 者:斎藤充正 (『アストル・ピアソラ、闘うタンゴ』著者)
聞き手:花田勝暁 (元「ラティーナ」編集者、東京外国語大学大学院)
会 場:東京・渋谷 ダイニングバー Li-Po(渋谷駅東口より徒歩2分) TEL:03-6661-2200
日 時:'09年12月19日(土) 16:00-18:15(開場15:30)
入場料:予約¥1,800(1drinkつき) 当日¥2,300(1drinkつき)

詳しくは新・音楽夜噺のサイトまで。花田さんとは実は初対面となるのですが、さてどんな感じになりますやら。選曲は、まだこれからです。

さて、前回の続きもいろいろ書きたかったわけですが(これは次回以降書きます)、この数日はライナーの執筆に追われていました。ブツは何かと言うと、見出しの通りであります。ワーナー/ノンサッチからの国内盤が廃盤となってしまい、なぜだろうと思っていたら、そういうことだったんですね。
ということで、先に発売される『ラフ・ダンサー・アンド・ザ・シクリカル・ナイト』のライナー、ようやく書き終わりました。前回2000年にワーナー/ノンサッチから再発された折にもライナーを書きましたが、今回は全面的に書き直しました(前の文章をそのまま使っている部分もありますが)。再発について、発売元のイーストワークスからの告知文を以下に張り付けておきます。

-------------------------------------------
Astor Piazzolla / The Rough Dancer And The Cyclical Night (ewsac 1019)
リリース日 2009.12.24
レーベル american clavé / ewe records
発売元 (株)イーストワークスエンタティンメント 
定価 ¥3,000(税込)

Astor Piazzolla / Tango: Zero Hour (ewsac 1013)
リリース日 2010.2.10予定
レーベル american clavé / ewe records
発売元 (株)イーストワークスエンタティンメント 
定価 ¥3,000(税込)

Astor Piazzolla / La Camorra (ewsac 1021)
リリース日 2010.2.10予定
レーベル american clavé / ewe records
発売元 (株)イーストワークスエンタティンメント 
定価 ¥3,000(税込)

キップ・ハンラハン主宰レーベル、アメリカン・クラーヴェに残したアストル・ピアソラの最高傑作がデジタル・ニュー・リマスタリングで甦る。キップ監修のもとNYCスターリングサウンド、グレッグ・カルビの手でリマスタリングされたこの三部作をレーベル面を緑色コーティングされたオーディファイル仕様でリリース。ピアソラの残した音世界を最高
のクオリティで残すことを目標に、最善を尽くしたハイブリッドリイシュー。
(CD/SACDハイブリッド盤)
-------------------------------------------

イーストワークスがアメリカン・クラーヴェの日本発売権を獲得した際、売れ筋であるピアソラの3部作だけは、なぜか世界的にワーナー/ノンサッチから出ることになったわけですが、これで本来の姿に戻ったことになります。「緑色コーティング」というのは、開発元のソニーで「音匠(おんしょう)仕様」と呼んでいる新技術ですが、商標の関係でこの言葉が使えないんだそうで。新技術を浸透させるには統一した呼び名の方がいいと思うんですけどね。今回は緑色コーティングのプルーフ盤(盤面が無地のテストプレス盤)をメーカーからお借りして試聴していますが、確かに素晴らしい音質です。従来盤では狭い部屋に押し込められていた音が、壁が取り除かれてバーッと広がった感じ、とでも言えばいいのかな。SACDではなくCDとしての評価ですが。「音匠仕様」や「プルーフ盤」についてはこちらのサイトを参照してください。

|

« 続・ピアソラの新しい10枚組 | Main | ピアソラの新しい10枚組 その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35335/46704805

Listed below are links to weblogs that reference ピアソラのアメリカン・クラーヴェ3部作再発、新・音楽夜噺:

» ピアソラのアメリカン・クラーヴェ三部作再発 [よしむらのブログ]
アストル・ピアソラが1986年〜88年にリリースした、いわゆる「アメリカン・クラーヴェ三部作」がイーストワークスから再発される。 まずは、1987年録音の『ザ・ラフ・ダンサー・アンド・ザ・シクリカル・ナイト』が先行して昨年(2009年)12月25日に発売された。1986年の『タンゴ・ゼロ・アワー』、88年リリースの『ラ・カモーラ』は2月17日発売予定。やはり日本盤が3枚揃って店頭に並ぶのは大変喜ばしい。 アメリカン・クラーヴェはキップ・ハンラハンが率いるレーベルで、本拠地はニューヨーク。キップは... [Read More]

Tracked on January 23, 2010 at 12:32 PM

« 続・ピアソラの新しい10枚組 | Main | ピアソラの新しい10枚組 その3 »