« だまされた!(ピアソラの映画音楽) | Main | エドゥアルド・ラゴス死去 »

June 23, 2009

訃報:石川浩司さん

何で一月のうちに、2度も悲しい記事を書かなければならないんでしょう。黒田恭一さんに続いての訃報です。
タンゴ研究の大先輩でありながら、とても気さくで、パソコン通信のニフティサーブ時代から、私のような若い(とは、もう言えなくなってしまいましたが…)世代に対しても分け隔てなく接して下さった石川浩司(ひろし)さんが、昨晩亡くなられました(葬儀の予定など詳細は「タンゴの部屋」掲示板のご長女さんの書き込みをご覧下さい)。
古典からモダンまでこよなく愛し、柔軟な感性で的確な論評をされる石川さんの文章を、私は随分と参考にさせて頂いたものです。私がまだ駆け出しの頃、プグリエーセについて書いた文章を褒めて頂いたのも、嬉しい思い出です。それから、これは一般の人には触れる機会がなかったでしょうが、手書きの文字の整った美しさも、理路整然と物事を整理される、真面目で研究熱心なその性格をとてもよく表しているように思いました。貴重な資料を提供して頂いたことも、一度や二度ではありません。
雑誌「アンボス・ムンドス」4号(2000年1月)掲載の「ポスト・ピアソラ2」は、エドゥアルド・ロビーラとレイナルド・ニチェーレに関する特集でしたが(私も寄稿させてもらいました)、石川さんが書かれた「私たちは、こう聴いてきた」という記事の中から、忘れられない一文を転載しておきます。

まだ誰にも話していないのだが、私の葬式では読経はほどほどに切り上げて、途中から『タンゴ・ヴァンガルディア』に含まれる「友への挽歌」「コントラプンテアンド」「ピアノとオルケスタのための」の3曲をチェーンで演奏し焼香または献花して欲しいと思っている。だがこれはその時点で自ら演出出来るわけではないし、まだ女房にも息子にも、お寺の和尚さんにも相談したわけではないので、実現の可能性は不明だが、ロビーラの音楽はそれだけ純粋であり、魂を洗うものがある。言ってみれば私にとっての、あの世にまで持って行きたい音楽なのである。
1967年にポリドールから国内発売された『タンゴ・ヴァンガルディア』は、本国では"Tango vanguardia"(タンゴ・バングアルディア)として63年にMicrofonから発売された、Eduardo Rovira y su Agrupación de Tango Moderno(エドゥアルド・ロビーラと現代タンゴ集団)の3枚目のアルバム。長い間オリジナルの形では入手困難な状態が続いていたのですが、ちょうど今年になって(盤には(c)2008と書いてありますが恐らく発売が2009年にずれ込んだものと思われます)オリジナルに忠実な形で(しかも本国では当時モノラルのみだったのがステレオで!)復刻されたのです。ちょうど「ラティーナ」4月号に私が紹介記事を書いたので、一部引用しておきます。
61年の旗揚げ以降続いた弦楽4~5重奏入りの編成は本作が最後で、この後はギター入りトリオ編成に移行していくのだが、室内楽の響きを基調にしながら自在に展開していくあたりはロビーラの真骨頂と言え、その意味でも代表作。この上なく崇高でありながら「前衛」の気難しさなどこれっぽっちもなく、実は聴き手を選ばない音楽だったことに今改めて気付かされた。
というわけで、もちろん"Tango vanguardia"を聴きながらこれを書いています。
石川さん、いろいろとありがとうございました。どうぞ安らかにお眠りください。

|

« だまされた!(ピアソラの映画音楽) | Main | エドゥアルド・ラゴス死去 »

Comments

大変ご無沙汰しております。

…ショックですね。残念です。

Posted by: よしむら | June 24, 2009 at 01:54 AM

ダンディで素敵な方でした。
ご冥福をお祈りします。

Posted by: みきこ | June 24, 2009 at 08:02 AM

>よしむらさん
こちらこそご無沙汰しています。ブログの書き込みも拝見しました。
私のブログを読んで下さったご長女さんから今朝電話があり、ロビーラの件はまったくご存じなかったとのことで、何とかお通夜開始時刻ぎりぎりに例の3曲を入れたCD-Rをお届けすることができました。

>みきこさん
ご無沙汰しています。ホントにダンディでしたよね。タンゴオフも楽しい思い出です。あれから何年経ったんだろう?

Posted by: さいとう | June 25, 2009 at 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35335/45434415

Listed below are links to weblogs that reference 訃報:石川浩司さん:

» 石川浩司さん [よしむらのブログ]
悲しいお知らせ。タンゴ評論家として活躍されていた石川浩司さんが亡くなった。6月23日0時01分だったそうだ。石川さんのホームページの掲示板にご令嬢の千夏子さんからの書き込みがあるので、詳しくはそちらをご参照いただきたい。 中高生のころ(1980年前後)、小遣いをためて買ったタンゴのLPの解説でお名前を知ったのが私と石川さんの出会いである。オスバルド・プグリエーセの『現代タンゴの最高峰』『サンテルモの夜』など、石川さんの書かれた解説を隅から隅まで読みながら聴き込んだものだ。 それから何年も経って... [Read More]

Tracked on June 24, 2009 at 01:11 AM

« だまされた!(ピアソラの映画音楽) | Main | エドゥアルド・ラゴス死去 »