« July 2005 | Main | October 2005 »

August 23, 2005

「ピアソラの至宝」シリーズ第1弾、明日発売!

もう発売日(8月24日)になってしまいました。ビクター・エンタテインメントからの「ピアソラの至宝」第1弾5タイトル。簡単ですがご紹介しておきます。曲目はリンク先(ビクターのサイト)で確認してください。
なお、隠し(?)情報を一つだけ。
[4]『リエージュに捧ぐ』ですが、従来のミラン盤では、「タンゴの歴史」の最後の曲、「コンサート1990」の後で、何故か拍手が被せられていましたが(オリジナル録音にはないもの。スタジオ録音のはずなんですが…)、今回はカットしてあります。

[1]『天使の死~オデオン劇場1973』 VICC-60450
ピアソラの転換期にあたる1973年の超貴重かつ壮絶なライヴ!
天才オスバルド・タランティーノ(p)を含む五重奏団による唯一の録音!
演奏:アストル・ピアソラ五重奏団
解説:ディアナ・ピアソラ、カルロス・クリ、斎藤充正

[2]『アディオス・ノニーノ~ライヴ・イン・ルガーノ1983』 VICC-60451
名盤『ライヴ・イン・ウィーン』を生んだ1983年秋の欧州ツアーより、
ベスト選曲で送るピアソラ五重奏団もう一枚の秀作、遂に日本盤初登場!
演奏:アストル・ピアソラ五重奏団
解説:ラウラ・エスカラーダ・ピアソラ、斎藤充正
カルロ・ピッカルディによるアストル・ピアソラ・インタヴュー付き

[3]『ブエノスアイレスの秋~モントリオール国際ジャズ・フェスティヴァル1984』 VICC-60452
ジャズ・ファンを熱狂の渦に巻きこんだピアソラ五重奏団白熱の52分!
映像ソフトでもお馴染みのあの演奏が、CDになって日本盤初登場!
演奏:アストル・ピアソラ五重奏団
解説:吉村俊司

[4]『リエージュに捧ぐ~リエージュ国際ギター・フェスティヴァル1985&「タンゴの歴史」初演録音』 VICC-60453
前半はリエージュ国際ギター・フェスティヴァルにおける豪華共演ライヴ!
後半(スタジオ録音)はギターとフルートの名曲「タンゴの歴史」の、これが世界初演!
演奏:
Track 1-4:
レオ・ブローウェル(指揮)
リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団
ベルギーのフランス共同体管弦楽団
アストル・ピアソラ(バンドネオン)
カチョ・ティラオ(ギター)Track 2-4
Track 5-8:
マルク・グローウェルズ(フルート)
ギー・ルコフスキー(ギター)
解説:ラウラ・エスカラーダ・ピアソラ、ダニエル・ピアソラ、ホセ・ポンス、鈴木一哉

[5]『現実との3分間~クルブ・イタリアーノ1989』 VICC-60454
ピアソラ最後の編成となった新タンゴ六重奏団、公式デビュー直前に行われた
公開リハーサルの貴重なライヴ録音、未発表トラックを追加収録して再登場!
演奏:アストル・ピアソラと新タンゴ六重奏団
解説:カルロス・クリ、鈴木一哉

| | Comments (2) | TrackBack (2)

« July 2005 | Main | October 2005 »