« September 2004 | Main | February 2005 »

January 31, 2005

ピアソラDVD続報ほか

先日ご紹介したピアソラのDVD"ASTOR PIAZZOLLLA IN PORTRAIT"ですが、国内盤(?)『アストル・ピアソラのポートレート』NAXOSからのリリースとなります(輸入盤仕様)。インタビューが多いから、本当は日本語の字幕が付くのが理想的なんですが、まあ仕方がないでしょう。
BBC/OPUS ARTEからは、『ジャクリーヌ・デュ・プレのポートレート』なんていうのも出ていたんですね。東芝EMIから出ていた『ジャクリーヌ・デュ・プレの思い出』(内容は多少ダブると思う)は持っているんですが、こっちにはエルガーの「チェロ協奏曲」が全曲入っているって。見たいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2005

岡部好さん写真展とピアソラDVD

いやいや、4か月もさぼってしまいました。どうもすみません。

写真家の岡部好さんといえば、ワールドミュージックやロック(忌野清志郎とか)のステージ写真などでおなじみの方ですが、現在銀座のアトリエスズキで個展が開かれています。岡部さんは、ピアソラの86年と88年の来日公演のステージ写真を多数撮影されていて、拙著『アストル・ピアソラ 闘うタンゴ』でもミルヴァとの公演の写真などを使わせて頂きました。会場の入り口にも、ピアソラの特大の写真が飾られていて、いきなり圧倒されます。
会場内にはモノクロのアーティスト写真と、最近開眼したとかいうデジカメによる風景写真とが混在していますが、特に後者は本当に色使い(と言うんでしょうか)が見事。その美しさにはハッとさせられます。

さて、今月イギリスで、BBC制作によるピアソラのとんでもないDVDがリリースされました。内容は、数々のインタヴューと貴重な映像で構成された最新のドキュメンタリー"TANGO MAESTRO"(106分)と、89年のセステートによるBBCでのスタジオ・ライヴ"TANGO NUEVO"(全6曲で46分)、それに"TANGO MAESTRO"に入りきらなかった(?)インタヴュー素材が54分、その他含めてトータル213分というもの。ね、とんでもないでしょ? 英語、スペイン語ほかの字幕付きで、リージョン・フリーですので一般のDVDプレイヤーで観ることができます。

"TANGO MAESTRO"に使われている貴重な映像には、83年のコロン劇場ライヴ、86年のモントルーでのゲイリー・バートンとの共演などのほか、69年頃のアメリータとピアソラ・キンテートとの「ロコへのバラード」という、私も初めて見たお宝もありました(一瞬ですけど)。

そして、このDVDのジャケットに使われている写真が、岡部さんによるものなのです。といういきさつがあり、岡部さんの今回の写真展で、このDVDが限定販売されています。DVDは3月頃に日本でも発売されるとのことですが(輸入盤に解説付きで、日本語字幕は付かないようです)、ぜひ早く手に入れたいという方は、会場に足を運んでみてくださいね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | February 2005 »